腰だけでなく下半身にも痛みしびれを感じたら「脊柱管狭窄症」かもしれません。

 

「長く歩けない」「立っていられない」など、腰から下半身にしびれを伴う痛みや、歩きにくさを感じたら要注意!
その原因は、単なる腰痛ではなく「脊柱管狭窄症」かもしれません。

 

「脊柱管狭窄症」は、加齢により骨がもろくなると、身体を支える腰椎(腰の背骨)が変形し、
腰椎が変形すると、背骨の中央にある「血管と神経の束」を通す脊柱管の空間が狭くなり、
血管と神経が圧迫されて痛みやしびれが発生します。

 

 

腰椎が圧迫されると、血管がつぶされて下半身とつながている神経に栄養が行き渡らなくなって、痛みやしびれが生じます。
症状がひどくなると、車イスや寝たきりになることも少なくないそうですよ。

 

「脊柱管狭窄症」の改善には、原因をケアする4つの成分が必要といわれています。

 

■その1
血管を拡げて血流を促す「シトリン」

 

■その2
傷ついた神経細胞の修復を助けてくれる「ビタミンB12」

 

■その3
骨量の増加をサポートする「卵黄ペプチド」

 

■その4
痛みやしびれをやわらげる「非変性2型コラーゲン」

 

これらの4つの成分を同時に摂ることで相互作用が働き「脊柱管狭窄症」の改善に繋がります。

 

と、こんな難しい成分を並べても何を食べたらそんな成分が摂れるのか全くわかりません。
それに普段の食事で、4つの成分を同時に摂るなんて、まず不可能です。

 

そこはやはりサプリメントという手軽に補えるものがあるので、利用するのが良いかと思います。

 

ところで、血液を促す「その1」のシトリンは冷え・むくみなどにも効果があり、様々な症状の改善に役立ちます。
私たちの身体は血流がとても大事なんですね。
そして、健康のためにサプリメントを活用していくことも必要なのではないでしょうか。

 

【サプリメント】シトルゴールドが購入できるお店はこちら

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

腰だけでなく下半身にも痛みしびれを感じたら「脊柱管狭窄症」かもしれません。関連ページ

整体師さんがホームページを作るのも当たり前の時代になってきましたね。
最近、腰痛があり何処の整体にしようかインターネットで色々調べていました。ちなみに私は埼玉県に住んでいるのですが、埼玉県にも沢山の整体があって驚きです。