腰痛改善、予防に効くビタミンB郡を摂るなら青汁で効率的に!

腰痛に青汁が効果的ということをご存知でしたか?
知らない人も多いのではないでしょうか。
私も実は最近知ったのですが、整体師の先生から教えていただきました。

 

腰痛に青汁

 

なんと、青汁に含まれているビタミンB郡(B12など)が腰痛に効果的らしいのです。
これには驚きましたし、同時にちょっとショックでした。

 

ショックだった理由とは

 

実は、私は以前から青汁を飲んでいます。

 

「おぉ!それなら腰痛にも効くし、このまま飲み続けよう」

 

と思いました。

 

そして、念の為に青汁が入っている箱の裏に書かれている成分を見てみると、

 

「ビタミン郡の名前が書かれていない!」

 

そうなんです…
私は、腰痛に効果的といわれるビタミン郡が入ってない青汁を飲んでいたのです。
まぁ、青汁自体は体に良いものですからそれはそれで良いんですが、
どうせなら腰痛にも効果がある青汁だったらよかったな、と少しショック

 

 

ビタミンB12が摂れる食品とは

 

主に以下の食品から摂取することができます。

 

  • しじみ
  • 牛肉レバー
  • 鶏肉レバー
  • 焼き海苔
  • たたみいわし

 

など

 

ただ、これらを毎日の食事に毎回取り入れるのは意外と大変かもしれません。
私はレバーが苦手なので厳しそうですね。

 

ビタミンB12を効率的に摂取するには

 

上記で、食品の一部を挙げました。
これらの食品に付け加えて「葉酸」や「ビタミンB6」などを一緒に摂取すると更に効果があるようです。
ビタミンB12と葉酸はすごく相性が良いらしいんですね。

 

だけど、食卓に毎回並ぶのは意外と難しいかも?

 

仕事で忙しくてそんな時間はない…

 

という人は、やっぱり「青汁」が一番効率的ですし健康促進に繋がると思います。

 

▼30代から始める青汁ブログ
30代 青汁はこちら

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

腰痛改善、予防に効くビタミンB郡を摂るなら青汁で効率的に!関連ページ

座り過ぎの人が簡単にできる改善策とは
誰でも簡単に仕事中に出来る腰痛の改善策は、定期的に椅子から立ち上がり、出来る限り筋肉が固くならないようにしてあげることです。仕事中に下手なことはできませんのでwまずはここから始めてみましょう。
ラジオ体操で腰痛改善を目指そう
「慢性腰痛には安静より運動」これが腰痛治療の新常識といわれているのをご存知でしょうか!?たとえギックリ腰といえども、少しでも動けるようになったらいつまでも横になっていてはいけません。腰痛改善法として誰でもできるラジオ体操をおすすめしています。
腰痛の運動効果
腰痛体操などの運動療法の研究は進んでいて、その効果が高いことが報告されているようですので、腰痛の運動効果を皆さんもぜひ体験してみましょう!この運動療法のポイントは「継続」にあるといいます。
くしゃみや咳で腰に痛み
腰痛はいつどんな場面でなるかわかりません。予測もつかないことで腰を痛める方も多いと思います。物を持ち上げる時は、もちろん注意していると思いますが、「くしゃみや咳」をして急に腰が痛くなることもあります。
日常生活の中で腰痛予防
世の中には腰痛でお困りの方って本当にたくさんいらっしゃいますよね。「デスクワーク」や「運動」のことをお話しましたが、他にも日常生活でのチョットしたことで、気をつけると腰痛予防になることもありますのでいくつかご紹介していきます。
血流が悪いと腰痛の原因に
腰は体のかなめ、腰痛があると歩くのが辛いだけでなく日常生活にも支障をきたします。特に座りっぱなしの人は血行が悪くなりがちなので、腰にできるだけ負担をかけないようクッションを当てたり、背筋をまっすぐに伸ばして座るよう心がけることも大事です。
妊産婦さんの腰痛対策について
妊娠中や出産後の女性は、腰に負担がかかることが多く、腰痛になることがよくあります。妊娠中は胎児が大きくなるに従って、母親は立ったり歩いたりする時に重心のバランスをとるため、後に反る姿勢になることや、出産に備えるため母体にある種のホルモンが増えるので、骨盤や腰椎の関節が柔らかくなるので腰痛が起きてしまいます。
TV「金スマ」放映、話題のふくらはぎマッサージは腰痛にも効果あり
TV「金スマ」で放映されて話題になっている「ふくらはぎマッサージ」ですが、腰痛はもちろん他の病気やダイエットにも効果があると評判のようです。
腰痛改善の為の運動や体操をする時間がない方におすすめの対策
日本人は腰痛持ちの方がとても多いことはお話しましたが、忙しい方はとても腰痛体操やウォーキングをする時間をなかなか持てません。そんな方に少しでもお役に立てるような情報をお伝えしてみようと思います。
腰痛改善に腹筋、背筋を鍛えると逆効果で悪化してしまう!?
腰痛で病院に行き「腹筋や背筋を鍛えるように」と指導される方も多いと聞きますが、鍛えるために運動をして、そのために腰痛を悪化させることも事実のようです。実際のところ、高齢者の方が腹筋や背筋を鍛え続けるのは不可能に近いかと思われます。
ギックリ腰の応急処置にはコルセットを巻く方法がおすすめ
ギックリ腰で動けない場合の応急処置として、骨盤にコルセットを巻く方法がおすすめです。実際、この方法で痛みを我慢しながらでも動くことができた方も多いようです。筋肉の状態や位置によっても効果は違ってきますが、ギックリ腰の90%以上に効果があり
腰に負担がかからない座り方は正座が一番!?腰痛予防にも
「腰痛予防には正座がよい」というのを知り、改めて正座を見直してみました。そして、意外だったのは「朝30秒の正座で辛い腰痛が1ヶ月で改善される」という方法があることです。30秒の正座で手足の温度まで変化するそうで、血流もよくなるのですね。
腰痛を予防・改善する簡単な体操
軽い腰痛持ちの人で、普段重い物を持ったり、前かがみの姿勢が多かったりする人は、これからお話する簡単な方法(ある本で拝見しました)で、腰痛の予防や改善効果があると思いますのでお試ししてみて下さいね。
腰痛の痛みに効く「N-アセチルグルコサミン」とは?
腰やひざの関節痛に悩む人はとても多いといわれています。つらい痛みの原因は関節軟骨のすり減りで階段の上り下りや、立ち上がる時などに、腰、ひざに鋭い痛みを感じます。サプリメントの成分「グルコサミン」には複数の種類があって、多くのサプリメントに使われているのは、「グルコサミン塩酸塩」という種類で
腰痛対策 すぐにできる3つの方法とは!?
年齢とともに体に変化を感じるようになる中で、特に腰の痛みの発生が多いようです。腰痛の対策として、すぐにできることは「1、冷やさないように」「2、無理をしないように」「3、何より大切な心がけ」というので一つ一つお話していきましょう。
腰痛予防のために出来ることとは!?
腰痛を防ぐには日頃から姿勢を良くすることが重要です。まず、正しい姿勢で立つ練習をしてみてください。お腹は、おへその下に力を入れると体が地面にしっかり着いたように安定します。次に両肩を少し後に引き、肩甲骨を寄せ、背中に緊張感を感じるようにします。
その場ジョギングで血流を良くして腰痛改善を心掛けよう!
腰痛にはウォーキング等も大事ですが、なかなかそれも出来ないという方に、TVを観ながらでも簡単に行うことのできる運動をご紹介してみましょう。 まずは、1つ目は「椅子に座って脚上げ運動」です。そして2つ目は「その場ジョギング」です。
腰痛時の寝方 痛い方を上・下どちらにするとよい?