OL、システムエンジニア、腰に負担をかけているのはどっち?

 

腰痛の原因は筋肉に関係していると言われています。
筋肉というと、普段動いていれば誰しもが使っているものですよね。

 

ただ、使っているだけであれば特に問題はないと思いますが、無理をして負担をかけることで
腰の筋肉が悪さをし痛みを感じるわけです。

 

 

例えば、身近なところでパソコンを使うお仕事の人を例に挙げてみましょう。

 

 

OLさんの場合、
事務的な業務でパソコンを一日のうち、5時間ほど使ったとします。

 

 

システムエンジニアさんの場合、
パソコンでプログラムを使って作業することが専門な為、一日のうち、10時間ほど使います。

 

 

お互い、パソコンを使う際は当然イスに座って作業を進めるわけですが、
どちらが腰に負担がかかっていると思われますか?

 

 

答えは、システムエンジニアさんではありません。じゃあ、OLさん?
いえ、正確にはOLさんもシステムエンジニアさんもお互いが腰に負担をかけているのです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

次回に続きます。

パソコンを使うお仕事 腰痛で腰が痛い関連ページ

急性の腰痛を甘くみない
急に腰痛が起こった人は、今まで特になんの前触れ無く痛みを感じたということもあり、すぐに治ると思われがちですが、実は一時的に治ったとしても、半分以上の人が再発をし、慢性化してしまうようです。(これはある研究結果で証明されています)
椅子に座ると腰がいたい 解消方法とは
腰痛持ちの場合に運動してもいいのか!?
病院にかかるほどの腰痛がある場合は、まずは医師に運動をしていいのか、していいとすればどんな運動ならいいのかを尋ねてみるのが一番いい方法です。